マウスピース型矯正装置(インビザライン)(テストページ)invisa_test

  • HOME
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)(テストページ)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置
おきとう矯正歯科のマウスピース型矯正装置は、インビザラインシステムを導入しています。マウスピース型矯正装置は矯正装置の脱着ができるため、快適に食事や歯磨きができることが他の矯正方法にはない魅力です。このような理由から近年人気が高いマウスピース型矯正装置ですが、もちろんデメリットもあります。治療をはじめる前に必ず把握していただきたいマウスピース型矯正装置のメリットとデメリットについてご紹介します。
メリット デメリット
マウスピース型矯正装置のメリットは、何といっても目立たずに矯正治療ができることです。また、金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療ができます。その他、マウスピースの脱着が自由にできるので歯ブラシの磨き残しを防げることや、ホワイトニングが同時にできるなどもマウスピース型矯正装置のメリットといえるでしょう。 マウスピース型矯正装置のデメリットは、症状によっては矯正ができないことです。複雑な歯並びや、歯を大きく動かす必要があるケースには対応できません。 また、マウスピースの装着時間が十分でない場合は、治療期間が長くなるまたは十分な効果が見込めないなどのデメリットが生じるため、医師の指示に従って矯正時間を管理していただく必要があります。

治療期間

マウスピース型矯正装置の治療期間の目安は、乳歯と永久歯が混在する時期の場合1年~1年半、永久歯が生えそろっている方の場合は約2年です。治療期間中はマウスピースの交換や口内環境を確認するために月に1~2回程度の通院をいただきます。

つけるイメージ

マウスピース型矯正装置は目立ちにくい矯正治療

インビザラインシステムによるマウスピース型矯正装置は、透明で薄いマウスピースを使用するため、目立たないことがメリットです。また、自由にマウスピースの取り外しができるので、口元を気にせずに会話や食事をお楽しみいただけます。矯正装置が気になることで矯正治療を受けられなかった方も、この機会にマウスピース型矯正装置を検討してはいかがでしょうか。まずは、当院へお気軽にご相談ください。